安心して商取引をするために特商法の内容を理解する必要性

NO IMAGE

消費者トラブルが起きないようにしよう

最近ではインターネットで商取引をする傾向があり、消費者トラブルが起きやすいなどのリスクがあります。特商法はこのようなトラブルが起きずに安心して取引を行えるよう消費者庁がガイドラインを設定し、販売元の情報と商品の購入や代金の決済、返品や交換などの手順を明記することが必要です。

消費者トラブルは起きた場合にすみやかに返品や交換などで対応すると信頼を失うことを避けやすく、事前に約束をしてお互いに納得ができるようにすると安心できます。

しかし、そのまま放置すると相手の信用をなくすため、すみやかに対処できるよう責任を持って取引をすることが大事です。また、購入者を集めるために商品の特徴や魅力を伝えますが、誇大広告を出さないように最適なセールスライティングを行う必要があります。

禁止されている内容を理解しよう

特商法は安心して商取引を行うためのガイドラインになり、誇大広告や虚偽の情報を伝えることは禁止されています。
電子商取引をするときは相手が実際に使ってから問題がないか確かめるためクーリング・オフ制度があり、一定の期間内であれば満足ができない内容であれば返品が可能です。しかし、不正行為がないように条件や手続きの方法や期限を明記し、相手の期待を裏切らないようにする必要があります。

誇大広告はありもしないメリットを強調してこれからネットショップを始めるという人は、特商法を一度は確認して下さい。
ネットショップを運営する場合に重要な法律になりますので、真っ先に確認すべき法律と言えます。特商法さえ守っていれば良いというわけではありませんが、ネットショップにとって重要な事が多く、うっかりで法に触れるような事をしてしまう事も多いので早めに確認しておく事をおすすめします。

特商法でネットショップに大きく関係してくるものですが、例えばクーリングオフがあります。
ネットショップを運営していると出来るだけ返品を避けたいと思う人は多いと思います。その為、ついつい購入商品は破損などがない限り返品不可としてしまう事もあると思います。
しかし、特商法ではそれは禁止されています。8日以内であれば返品を受け付けなければいけません。商品ではなく、契約の場合も同様です。どのような理由でも契約後8日以内であれば解除しなければいけません。

また、特商法では誇大広告を禁止しています。
インターネットに自社の商品の広告を出そうと思った場合、ついつい大袈裟な表現で効果を説明したり、実際の効果より大きな効果があると表記するように広告作成依頼をしてしまうかも知れません。
しかし、それは特商法で禁止されていますので、行ってしまうと法律違反となってしまいます。消費者を騙すつもりはなく、軽い気持ちで大袈裟な表現などをしてしまったとしても法律違反という事になってしまいますので気を付けて下さい。

その他にも特商法には多くの禁止事項が書かれていますので、ネットショップを運営するなら確認は必須と言えます。

特商法に違反したからといって即逮捕という事はありませんが、後々ペナルティが課される可能性は高いです。特商法に違反し続ける事でお客さんとトラブルになる事もありますので、そういった事を避ける為にも一度しっかりと特商法を確認しておく事をおすすめします。

ネットショップを運営する場合、特定商取引法に基づく表記というのも必須となります。こちらも特商法で義務付けられていますので忘れないようにして下さい。
連絡先などが表記されているという事からページの目立たない場所にリンクを貼る人も多いですが、余程の事がない限り特定商取引法に基づく表記へのリンクはページの目立つ部分に貼って下さい。

もし消費者が表記を見つけられない場合、信用出来ないショップだという印象を与えてしまい、売り上げダウンに繋がってしまうというのがその理由です。商品の紹介をする行為になり、相手が興味を持って注文したものの期待を裏切る行為になり信用をなくすため別の方法を考えることが望ましいです。以上のように、相手に情報を伝えるときは真実のみに限定し、満足してもらいリピーターを増やすと効果を期待できます。

最新の情報を確かめることが大事

特商法の内容は悪質な消費者トラブルが増えれば消費者庁が改正するため、最新の情報を確かめて取引を行う必要があります。適用される取引は通信販売や訪問販売、ネットショップの運営など商取引全般で、違反をすると営業停止処分などの罰則を受けるため避けることが大事です。

近年では悪徳業者も増えて特商法の盲点を突いてくるケースもあり、詐欺が起きやすいため特定商取引法表示があるか確かめて利用する必要があります。特商法は消費者を守るために安心して商取引ができるガイドラインになり、内容を理解して相手のニーズに応えるようにすると継続して利用してもらえて効果的です。しかし、特商法に違反すると悪評が流されて利用者を失うことになり、ルールを守って取引を行わないといけません。