専門性を活かしたライティングで稼ぐ

NO IMAGE

ネットでできる副業の中でも、気軽に始められる仕事として人気となっているのが、WEBライティングです。募集されている内容は様々で、日常的な出来事を日記のような形で書く仕事もあれば、特定のキーワードを入れながら書く仕事もあります。
ただ、ちょっと調べれば誰でも書けるような簡単な記事の場合、単価はそれほど高いものではありません。単価は依頼主次第で、バイト並みに稼げる好条件の依頼もあれば、1ヶ月頑張ってもちょっとしたお小遣い程度にしかならない程度の単価というのも珍しくありません。ただ、これは誰でも挑戦できるライティングの仕事の話です。

ITや投資など、特定の分野に対して専門的な知識がある人の場合、専門性の高いライティングの仕事を探してみると良いでしょう。内容的に高いスキルを求められるライティングは、単価も高めとなり、アルバイトよりも効率良く稼げる仕事が次々と舞い込むことも少なくありません。そのため、自分の持っている知識を活かせるライティングの仕事があれば、積極的に挑戦をしてみると良いでしょう。

ただ、知識はあっても文章力に自信がないという人もいるでしょう。
そんな場合は、簡単に挑戦できる日常系のライティングなどから始めてみると良いでしょう。単価は低くなりますが、お金を貰いながら文章を書く練習ができます。
最初は短めのライティングから始め、慣れてきたら徐々に長めの文章も書いてみるなど、段階を踏めば文を書くことに自信を持つことができるようになるでしょう。ある程度自信がつけば、単価が高い仕事にも挑戦しやすくなります。

そんな専門性の高いライティングで、大きく稼げるようになりたい場合は、継続して依頼をくれるクライアントとの出会いを探すことが有効です。
引き受ける業者の数に関する決まりはなく、いくつもの仕事を同時進行させることも可能です。
ただ、単発の仕事の場合は最初に提示された金額で仕事をこなすことを、繰り返す形となります。それに対し、継続して仕事を行う場合は、出来に応じて単価が上がっていくことも多いものです。最初の募集の単価はそれほど高くなくても、繰り返し仕事をこなすことで条件の良い仕事を回して貰えるようになることは少なくありません。

少しでも条件が良い仕事を探したい場合は、多くの依頼が集まるクラウドソーシング系のサイトの活用を考えておくと良いでしょう。ある程度実績を積んだら、スキルシェア系サイトやブログなどで個人的に仕事を依頼することもできるようになります。